トップページ

    このサイトではザ・パークハウスマンションの査定におすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    ザ・パークハウスマンションの査定価格が比較できるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたいのであればこのサイトのランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを使ってみてください。

    ザ・パークハウスマンションの売却査定をお願いしてあなたが所有している分譲マンションを高額で売却するために大切なことは、「複数の不動産会社にザ・パークハウスマンションの査定の依頼をして、その査定金額を比較する」ということです。
    「何社も探すのが面倒…」といって、査定依頼を1社だけにしたり、何回か付き合いのある不動産業者で査定金額を出してもらったりというのは手軽な反面、不動産業者の間で競り合いが起きないのでどう考えても損をします。

    その反面、不動産一括査定サイトであればすき間時間で使えるくらい簡単ですし、いくつもの不動産会社から出してもらえるザ・パークハウスの査定金額を比較できます。あなたが所有しているザ・パークハウスマンションをできるだけ高く売りたいと感じているなら賢く利用したいサイトです。
    ザ・パークハウスマンションの査定から売却というのは人生の中で何回もあることではないので、所有しているザ・パークハウスマンションを後悔しないように高く売って、そのお金をこれからの人生で有効利用してください。
    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションが専門のマンション売却の一括査定サービス。
    ザ・パークハウスマンションの査定をするために必要な査定項目の入力も最短45秒で済みますし、パソコンで自宅から簡単に申し込めます。

    マンションの査定に特化したサイトなので、所有マンション売却に強い会社が参加しており、大手や地域の企業を含む全国の2500店舗の中から最も適した不動産会社を最大9社紹介してもらえます。
    年間利用者数も360万人を突破していて、テレビや週刊誌にも紹介されている人気サイトなので、「自分が持っているザ・パークハウスマンションを可能な限り高値で売却したい」と考えているのなら是非利用してみてください。

    また、他の一括査定サイトと違う部分として賃貸査定もしてもらえるので、「長期間マンションを空けるんだけど、いつかはザ・パークハウスに戻ってくるから売るのはちょっと…」と思っている人にもお勧めのサービスです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サービスサイトと比べてみるとわりと新しいサービスになるのですが、参画している不動産会社は全国1400社以上というところが強みです。
    それから、実際に利用したユーザーからクレームの多い不動産会社はイエウールの方から契約を解除できるようになっているので、評価の悪い不動産会社は排除できるので、人気の不動産会社だけを残すシステムになっているのです。

    主要不動産会社から地場に根強い不動産会社まで多岐にわたって加入しているので、「自身が持っているザ・パークハウスをできる限り高額で売りたい」と思っているのであればおすすめしたい一括査定サイトです。

    必要事項を入力するのも1分程度で査定申込が出来るくらい簡素化されていて、最大6社から提示されるザ・パークハウスの査定価格を比較することが可能。言うまでもなく、全国に対応していて利用は無料。今波に乗っているサービスなので、これから利用者も増えていくと推測されます。






    イエイ

     イエイは、サービスを開始してから10年を超える運営実績があり、400万人以上の方のご利用実績のある不動産売却の一括査定サイト。
    数年来の業績がある為、不動産会社の登録社の数も業界最多の1000社以上で、最大6社の不動産業者から提示されるザ・パークハウスの査定額を比較することができます。

    もちろん、悪徳企業は完全に排除。数年来の不動産の売却で生成されたネットワークを活用し、選び抜かれた評判の良い不動産会社のみが登録しています。

    国内主要大手はもちろん、地元に密着した不動産会社からの査定金額も比べることができるのでザ・パークハウスの査定相場を知るためにも利用しておきたいサービスです。
    公式サイトには実際に分譲マンション売却を利用して高く売れた利用者の感想と査定額も公開されていますので是非ご覧になってみて下さい。






    スマイスター

     スマイスターは、サービスを開始してから10年以上も運営実績のある不動産の一括査定サービス。
    個人情報の保護にも努めており、プライバシーマーク認証取得事業者なので安心して使えます。
    利用者数も440万人以上と多く、全国1400社以上の不動産会社の中から最大6社までザ・パークハウスの査定申込ができます。「分譲マンションの売却は企業によって数百万も差が出るって聞いたから損はしたくない」と思っているんだったら、1社だけでなく多くの不動産会社に査定を依頼する事ができる一括査定サイトを有効活用してください。

    スマイスターでは最短45秒程度の入力で複数の不動産会社から提示されるザ・パークハウスの査定価格を比べることが出来るのでおすすめのサービスです。
    スマイスターで一括査定して不動産売却に成功した場合には、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードがもらえるキャンペーンも実施されています。






    スモーラ

     スモーラは、全国にあるマンションや一戸建て、土地の査定相場がサクッとチェックできる分譲マンション売却のための一括査定サイト。
    ザ・パークハウスマンションの今の売出価格を過去の莫大な成約事例から独自の計算ロジックで割り出します。

    参画している不動産会社は全国にある評価の高い2500店舗を厳選し、売買6社、賃貸3社の最大9社からザ・パークハウスマンションの査定金額を提示してもらえます。
    その上、全国対応で利用料は完全無料。

    ザ・パークハウスの査定を依頼する方法もかんたんで、査定したいザ・パークハウスの情報と連絡方法を入力するだけの45秒無料査定です。
    「生活環境が変わってザ・パークハウスマンションの売却を考えてるけど、どこの不動産会社にお願いすればいいのかちょっと分からない…」と思っているならぜひ利用してみてください。

    公式サイトでは、実際に分譲マンションを売却したユーザーの「この金額で売ることができました!」という成約事例が紹介されていますので、サッとチェックしてみてはいかがでしょうか。






    不動産というのは普段の買物とはケタが違いますから、販売価格というのは非常に大事です。

    同等物件に比べて高ければ売りあぐねるでしょうし、低く設定しすぎても逆に警戒されることもあるため、相場を見据えた値付けが大事です。

    値下げ交渉になるケースも多く、仲介会社への手数料の支払いなども考慮して売価を決めなければ、最終的に残る利益は当初考えていたよりも少ないものになってしまいます。

    住宅などの不動産を売却する際の手順は、準備に4段階、売り出してから4段階の手順があります。

    まずは相場をベースに家の販売価格の見当をつけます。

    次に、評判の良い不動産業者をいくつかセレクトします。

    家の資産評価は複数社に査定してもらいましょう。

    査定に納得したら媒介契約です。

    契約した物件はネットに登録され、広告にも掲載されます。

    うまく買い手が見つかったら引渡し時期や金銭面などの交渉に入ります。

    話がまとまれば正式に売買契約を交わし、契約書に記載されている通りに金銭と物件をやりとりすれば終了です。

    土地や建物などの不動産を売る際は、売却経費がかかることに驚く人も少なくありません。

    一般に不動産会社を通じて売却すれば、もれなく仲介手数料が必要になります。

    売値の3パーセントに6万円と消費税を加えた金額を不動産業者に対して支払います。

    それと司法書士へ支払う登記費用等一式、領収書や契約書に貼付する印紙代など何かとお金がかかります。

    ですから売値はこれらの経費を考えて決めたほうが良いのです。

    戸建てを売却するにあたっては、自分で買い手を見つけるのでなければ、不動産屋への仲介手数料が発生します。

    この手数料は、売買価格の3.24%に64800円を加えたものが上限額と法律によって規定されているため、自分の家の売買価格の見通しが立った段階で仲介手数料もおおよその金額がわかります。

    ただ、仲介ではなく、不動産業者自身の買い取りとなるのなら、仲介手数料はいりません。

    それから、所有権移転登記にかかる費用については原則として買い手側が負担することになっています。

    目にする機会は少ないですが、不動産査定ソフトというものがあります。

    地域、築年、面積、地目などといういくつかの条件を設定することにより、ソフトに収録した地価データや公式発表されている不動産データなどをもとに自動計算で物件価値を算定するソフトを指します。

    無償版よりは有償版の方が内容は良いかもしれませんが、既存データをもとにした簡易査定ですから、現地調査の上でプロが下した見積額と比べると精度的に劣ることは否めませんが、だいたいの金額の目安になるので、どちらかというと買い主向けかもしれません。

    やっとマンションが売れたのちに、発生することがよくあるクレームと言えば、いわゆる瑕疵担保責任に関するものです。

    通常行われる通りのチェック時にはわかることがなかったものの、のちに欠陥及び破損が見つかると、その責任を負う義務があるという法律です。

    けれども、新しい居住者が破損したのにそれを隠して、売った側に責任を求めてくる場合もあるといいます。

    利害関係のない第三者を立ち合わせ、映像記録、画像記録を作成したら、無意味なトラブルに巻き込まれずに済みます。

    ほとんどの人が出費をなるべく抑えたいと考えますので、買主が希望した価格がそのまま通って不動産物件の売買が成立するのはレアで、購入希望者が値切ってくることがほとんどでしょう。

    予め価格交渉はされるものだと覚悟しておいて、いざそういわれたら、物件の購入目的によって対処を変えるといいかもしれません。

    もし、これから住むために買うのなら、しっかり考えた上で、買うといってきたはずなので、少しぐらいは強気の交渉でも、買ってもらえることが多いようです。

    焦ってやると逆効果になることがよくありますが、不動産売却においても高額取引となるだけに、結論を急がず丁寧に検討していきましょう。

    最も注意しなければいけないこととしては、質の悪い不動産会社を避けなくてはならないという点が挙げられます。

    仲介契約に相反して積極的に売る姿勢を見せなかったり、二束三文で買おうとするようなところもありますから、心に留めた上で選ぶことです。

    少なくとも不安に感じられる点があるなら、契約締結は控えましょう。

    不動産物件は文字通りなかなか売りづらくなっており、様々な費用も売却に際して発生してきます。

    主要なものとしては、仲介業者には仲介手数料を支払いますし、司法書士に不動産登記関連の各種書類を作成してもらうのでその報酬、さらに、譲渡税、場合によっては住宅ローンの繰り上げ返済費用も必要でしょう。

    仲介業者の選択で、精一杯、仲介にかかる手数料を減らせればコストダウンの一歩になります。