トップページ

    このサイトではザ・パークハウスマンションの査定におすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    ザ・パークハウスマンションの査定価格が比較できるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたいのであればこのサイトのランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを使ってみてください。

    ザ・パークハウスマンションの売却査定をお願いしてあなたが所有している分譲マンションを高額で売却するために大切なことは、「複数の不動産会社にザ・パークハウスマンションの査定の依頼をして、その査定金額を比較する」ということです。
    「何社も探すのが面倒…」といって、査定依頼を1社だけにしたり、何回か付き合いのある不動産業者で査定金額を出してもらったりというのは手軽な反面、不動産業者の間で競り合いが起きないのでどう考えても損をします。

    その反面、不動産一括査定サイトであればすき間時間で使えるくらい簡単ですし、いくつもの不動産会社から出してもらえるザ・パークハウスの査定金額を比較できます。あなたが所有しているザ・パークハウスマンションをできるだけ高く売りたいと感じているなら賢く利用したいサイトです。
    ザ・パークハウスマンションの査定から売却というのは人生の中で何回もあることではないので、所有しているザ・パークハウスマンションを後悔しないように高く売って、そのお金をこれからの人生で有効利用してください。
    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションが専門のマンション売却の一括査定サービス。
    ザ・パークハウスマンションの査定をするために必要な査定項目の入力も最短45秒で済みますし、パソコンで自宅から簡単に申し込めます。

    マンションの査定に特化したサイトなので、所有マンション売却に強い会社が参加しており、大手や地域の企業を含む全国の2500店舗の中から最も適した不動産会社を最大9社紹介してもらえます。
    年間利用者数も360万人を突破していて、テレビや週刊誌にも紹介されている人気サイトなので、「自分が持っているザ・パークハウスマンションを可能な限り高値で売却したい」と考えているのなら是非利用してみてください。

    また、他の一括査定サイトと違う部分として賃貸査定もしてもらえるので、「長期間マンションを空けるんだけど、いつかはザ・パークハウスに戻ってくるから売るのはちょっと…」と思っている人にもお勧めのサービスです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サービスサイトと比べてみるとわりと新しいサービスになるのですが、参画している不動産会社は全国1400社以上というところが強みです。
    それから、実際に利用したユーザーからクレームの多い不動産会社はイエウールの方から契約を解除できるようになっているので、評価の悪い不動産会社は排除できるので、人気の不動産会社だけを残すシステムになっているのです。

    主要不動産会社から地場に根強い不動産会社まで多岐にわたって加入しているので、「自身が持っているザ・パークハウスをできる限り高額で売りたい」と思っているのであればおすすめしたい一括査定サイトです。

    必要事項を入力するのも1分程度で査定申込が出来るくらい簡素化されていて、最大6社から提示されるザ・パークハウスの査定価格を比較することが可能。言うまでもなく、全国に対応していて利用は無料。今波に乗っているサービスなので、これから利用者も増えていくと推測されます。






    イエイ

     イエイは、サービスを開始してから10年を超える運営実績があり、400万人以上の方のご利用実績のある不動産売却の一括査定サイト。
    数年来の業績がある為、不動産会社の登録社の数も業界最多の1000社以上で、最大6社の不動産業者から提示されるザ・パークハウスの査定額を比較することができます。

    もちろん、悪徳企業は完全に排除。数年来の不動産の売却で生成されたネットワークを活用し、選び抜かれた評判の良い不動産会社のみが登録しています。

    国内主要大手はもちろん、地元に密着した不動産会社からの査定金額も比べることができるのでザ・パークハウスの査定相場を知るためにも利用しておきたいサービスです。
    公式サイトには実際に分譲マンション売却を利用して高く売れた利用者の感想と査定額も公開されていますので是非ご覧になってみて下さい。






    スマイスター

     スマイスターは、サービスを開始してから10年以上も運営実績のある不動産の一括査定サービス。
    個人情報の保護にも努めており、プライバシーマーク認証取得事業者なので安心して使えます。
    利用者数も440万人以上と多く、全国1400社以上の不動産会社の中から最大6社までザ・パークハウスの査定申込ができます。「分譲マンションの売却は企業によって数百万も差が出るって聞いたから損はしたくない」と思っているんだったら、1社だけでなく多くの不動産会社に査定を依頼する事ができる一括査定サイトを有効活用してください。

    スマイスターでは最短45秒程度の入力で複数の不動産会社から提示されるザ・パークハウスの査定価格を比べることが出来るのでおすすめのサービスです。
    スマイスターで一括査定して不動産売却に成功した場合には、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードがもらえるキャンペーンも実施されています。






    スモーラ

     スモーラは、全国にあるマンションや一戸建て、土地の査定相場がサクッとチェックできる分譲マンション売却のための一括査定サイト。
    ザ・パークハウスマンションの今の売出価格を過去の莫大な成約事例から独自の計算ロジックで割り出します。

    参画している不動産会社は全国にある評価の高い2500店舗を厳選し、売買6社、賃貸3社の最大9社からザ・パークハウスマンションの査定金額を提示してもらえます。
    その上、全国対応で利用料は完全無料。

    ザ・パークハウスの査定を依頼する方法もかんたんで、査定したいザ・パークハウスの情報と連絡方法を入力するだけの45秒無料査定です。
    「生活環境が変わってザ・パークハウスマンションの売却を考えてるけど、どこの不動産会社にお願いすればいいのかちょっと分からない…」と思っているならぜひ利用してみてください。

    公式サイトでは、実際に分譲マンションを売却したユーザーの「この金額で売ることができました!」という成約事例が紹介されていますので、サッとチェックしてみてはいかがでしょうか。






    これから家を売ると決めたら、まず不動産業者に該当物件の価額を査定してもらうのですが、建物の築年数は評価額をかなり左右します。

    よほど希少性が高いとか人気地区ならいざ知らず、建物というのはたいてい築10年から5年ごとを節目として価格が著しく低下します。

    例えば土地付きの戸建住宅などは、家の築年数次第では建物に値段がつかず、気がついたら売値は土地の値段だけだったなんてことも少なくありません。

    金融機関による抵当権が設定されていない家を売却するなら気にする必要はありません。

    ただ、抵当権の由来である債務が残っている状態となると話は別です。

    一般に、抵当権がついたままの土地や家屋は売買不可能です。

    ただ、特例として売却可能にする手段が任意売却です。

    債務者と借入先金融機関との橋渡しとしてプロの仲介者を頼み、通常の不動産取引と同等の額で売買できるようにするのです。

    ローンの返済が困難なときでも競売を避け、高く売る施策として非常に頼もしいものです。

    新築の一戸建てやマンションについていうと、出来上がって3年目頃を皮切りに10年程度は値段が毎年落ちていき、上がることはまずないです。

    築10年からは2年経とうと3年経とうと価格はあまり変わらなくなります。

    自宅の買換えや売却に伴う税制上の恩恵が受けられる条件も、過去10年を超えて保有していた場合とありますから、住宅を売却ないし買い替えるなら取得して10年を過ぎた頃がまさに最適であるということです。

    一戸建てを売る時は色々トラブルがありますが、その中でもよくあるのは、専任媒介契約をしておきながら、不動産業者を介さずに買手をみつけて、何の相談もなく売却契約を行うケースでしょう。

    この場合は、専任媒介契約をしていた業者にプロモーション(宣伝)に使った費用や手数料と同額程度のペナルティを納めなければいけません。

    契約が一般媒介だったら、こういったケースでも、特に違約金などの支払いは必要ありません。

    とはいえ、不動産業者にとっては利益になりづらいこともあり、専任媒介の物件と比べて、熱心に売ろうとはしてもらえないかもしれません。

    ちょっとした豆知識ですけれども、不動産の査定を実施する会社の信頼度の指標のひとつが免許番号です。

    もしもらった名刺のどこにも免許番号が書かれていなければ、無免許、つまり違法な業者である危険性があります。

    細かいところでは、免許番号のかっこで囲まれている数字は更新ごとに増えていくため、かっこ内の数字が大きいと長く営業していることになります。

    ただし、例外もあり、別の都道府県に移転したり、2県以上に営業所を増設する場合も数字が1から始まりますから、数字イコール営業年数と断定するものではありませんから、注意が必要です。

    普通、不動産の任意売却の話になるとメリットが強調される傾向がありますが、不利になる点も当然のごとくあります。

    任意である以上、競売などで用いられる強制売却方式ではないので、どうしても手間がかかってしまいます。

    金融機関との話し合いや交渉、手続きは絶対にしなくてはいけないですし、購入を希望される方の内覧には立ち会わなくてはならず、相当な手間と負担がのしかかることになります。

    ここまでの労力と手間をかけているにも関わらず、絶対に売れるとは限りません。

    可能な限り早い段階で不動産物件の売却先を見つけたいと思うところでしょうが、そうだとしても、値下げタイミングの判断に失敗すると不利益を生んでしまいます。

    早々に値下げがされている売却物件は、もう少し下がるかなと期待する買主が現れることでしょう。

    物件に関して問い合わせてくる人の数などを考慮の上、半年経っても動きがないと判断したら値下げを考慮に入れるといいかもしれません。

    さて、不動産を売却する時も税金が発生しますが、譲渡所得税と住民税には特に気を配りましょう。

    物件売却で利益が出れば、これらは必ず納めなければなりません。

    ですが、居住用の物件を売却した場合は、特別控除が3000万円適用されます。

    あわせて、こうした税金は課税方法が所有していた期間によっても変わってきますので、売却を進めるときは十分確認しておきましょう。

    不動産売却を検討し始めた人なら、よく懸念されるのが築年数についてでしょう。

    現に、売却価格が決定される上で築年数が鍵を握ります。

    例を挙げると、築10年が経つ戸建ては多くの場合で建物の査定価格はゼロになり、基本的に土地のみに価格がつけられるでしょう。

    そして、マンションも同じく築年数が浅い方が受けがいいことに変わりはありませんので、戸建てと同じく、築10年という線引きがあります。